ステンレスという選択~part1~

ネックレスやピアスをしていてかゆくなったり、肌が赤くなったり湿疹が出たり、

そんな経験は多くの人がしているのではないでしょうか。

 

金属アレルギーは誰もが起こりうる、またある日突然なってしまう、そして一度発症してしまうと治すことは難しいといわれているアレルギーです。

 

そんな金属アレルギーについて、ご存知の方も多いとは思いますが数回に分けて簡単にお話ししたいと思います。

part1は、なぜ金属アレルギーが起きてしまうのか?です。

 

Why do metal allergies occur?

 金属アレルギーは金属自体にアレルギー成分があるわけではなく、汗や体液などに金属が触れることによって成分が溶け出します。

この成分が、人間の体の中にあるタンパク質と結びつくことで、体に本来無かったたんぱく質(アレルゲン)を作り出します。

体はこのたんぱく質を「異物」とみなし攻撃を始めます。

この攻撃が金属アレルギーの原因です。

一度発症してしまうと金属アレルギーを治すことは難しいとされています。

 

 ではなぜステンレスが金属アレルギーになりにくい金属といわれているのでしょうか。

 

Why is stainless steel less prone to metal allergies?

 ステンレス自体は金属アレルギーを起こしやすいニッケルやコバルトを含む合金です。

 

しかしステンレスは金属の表面に皮膜をつくるため、汗や水分に触れてもその成分が溶け出しにくいのです。

この皮膜は「不動態被膜」と呼ばれ、ステンレス中のクロムが空気中の酸素と結びつくことで作られます。

この膜はナノレベルに薄い膜ですが、非常に安定していて自己修復可能で半永久的といわれています。

そのためステンレスは錆びにくく、金属アレルギーも起こしにくいのです。

 

*すべての方にアレルギーが出ないわけではございません。

ご使用に前に医療機関でのパッチテストをおすすめします。

また初めて身に着ける際はイヤーカフやリングなど肌に直接あたる部分が少ないものから始めることをおすすめします。

 

金属アレルギーはいつでも誰でもなりうるアレルギーです。

日頃から直接肌に触れるものには気をつけて予防していくことも大切ですね。

 

 

no.29ではおしゃれを楽しめるステンレスアクセサリーを提案しています。

 

洋服を選ぶように毎日アクセサリーを選んで、特別でない普通の日常が少しでも明るく楽しく、ふとした時にみてうれしくなるようなアクセサリーをお届けしたいと考えています。

 

ステンレスを使用した商品はこちら

 

初めてステンレスアクセサリーを着けてみようかな?とお考えの方におすすめなのはこちら

 

金属アレルギーの方にもおすすめ~ステンレスイヤーカフ~

ピアスの穴が開いていない方も耳元のおしゃれを楽しめるイヤーカフ。

シルバーなどに比べ非常に軽く、長時間着けていても気になりません。

 

ステンレスイヤーカフ着用

 

こちらはステンレス製のカットチェーンネックレス。

ほどよいボリューム感でTシャツやジャケットに合わせてかっこよくアーバンスタイルに。

留め金具のバーにはK18を使用し、チェーンの1コマ1コマにマット加工を施して、洗練された大人のチェーンネックレスに仕上げました。

 お顔まわりをスッキリ見せてくれる長さで、直接肌に当たる部分も少ないので初めての方にもおすすめです。

 

ステンレスチェーンネックレス

 

これからの季節、クールな印象のステンレスをプラスして涼やかなコーディネートを楽しめます。

 

 金属アレルギーのある方も、またそうでない方も、同じようにアクセサリーを楽しんでいただけるよう今後も提案をしていきたいと思います。

 

 

 ↓今回ご紹介した商品はこちら

 

plus stainless ear cuff (single)

connect mix chain necklace